ブラック企業に勤務していた元施工管理者、小原さんにインタビュー | 施工管理者の転職・派遣のビルドアークス

2018/10/18

ブラック企業に勤務していた元施工管理者、小原さん(仮名)にインタビュー

 

よく「施工管理はブラック」だと聞きます。

新国立競技場の施工管理の若い社員さんが自殺したのはニュースになりましたよね。

 

ニュース記事:新卒23歳の現場監督が過労自殺…新国立競技場の過酷な労働環境とは?

 

今回は実際にブラック企業の施工管理者をしていた小原さん(仮名)に話を聞くことができました。

 

建設業界はホワイト企業ももちろんあります。

しかしブラック企業も多いのは確かです。

 

いい面だけでなく影の部分も見ることも大切ですよね。

 

小原さんは昔は施工管理者として勤めていて、今現在は教員免許を取るために学校へ通っている方です。

 

小原さんが建設業界のブラックな側面を教えてくれました。

 


 

施工管理の会社を3年で辞めた小原さん

 

–本日はよろしくお願いいたします。

 

小原:こちらこそよろしくお願いいたします。

 

–まず軽く自己紹介をお願いします。

 

小原:東京出身で28歳です。大学卒業後、22歳で施工管理を行う会社に入りましたが、25歳のときにやめて今は教員免許を取得するために大学へ通っています。

 

–施工管理者を目指そうと思ったきっかけを教えてください。

 

小原:私は大学の就職活動時に優良企業に入りたかったです。大学の就職支援室にいったところ、大学職員から勧められた会社がA社でした。

大学職員が言うには「ここは優良企業だし、おすすめ」とのこと。私はその時、施工管理には特別、興味はなかったです。

しかしこれといってやりたい職種もない。世の中自分が望んだ仕事ができるほど甘くないと思っていましたし、そこそこ給料がよくて優良企業だったらいいかなと思ったんです。

それで大学の職員と相談してA社に入ることに決めました。

 

 

就職した施工管理会社は地獄のブラック企業だった

 

–A社に入社してからのお話をお聞かせください。

 

小原:正直、入って3か月でやめたいと思いました。最初の一か月目は研修でした。まぁこれはどこの企業でも普通ですよね。

研修が終わり配属された現場がまさに地獄でした。

 

–地獄ですか・・・

 

小原:朝から晩まで働きました。朝5時には出社して、泥だらけになって夜の0時に帰ってきました。

眠すぎてお風呂に入る時間もなく、そのまま寝て、出社する日々。

入社する際は土日休みだと聞いていたのに、ふたを開けてみたら休みは週に一日だけ。

入社する前と、した後では条件面でかなりの相違がありました。

 

–相違ですか?

 

小原:はい。はっきり言って建設業界は嘘がおおいと感じました。

 

–といいますと?

 

小原:もちろん建設業界だけでなく、どんな業界でも嘘はあります。きれいごとで世の中が回っていかないのは十分承知です。

しかし、建設業界に対しては憎しみでいっぱいです。

私は入社した時に、給料が30万円と聞きました。しかし、試用期間の3か月が過ぎて上長に呼び出されて給料を20万円に落とされたんです。

会社側が言うには、「あなたは今日から事務職になる。業務内容が変わるから、それに伴って給料を減らす」と。

そんな馬鹿な話がありますか?施工管理の業務は変わらないのに給料を減らすなんて・・・。

 

–それはひどい話ですね。違法だし訴えればいいんじゃないですか?

 

小原:それが訴えられないようにうまくやりのけてるんですよ(笑) 違法な残業だし、残業代ももらっていません。

それを私だって訴えたいです。でも訴えられても大丈夫なように会社はいろいろと偽装しているんです。

 

有名企業がブラック企業だった

–それなんて言う会社ですか?

 

小原:〇〇〇会社です。

 

–えー!すごく有名な企業じゃないですか!!そこがブラックなんですか?

 

小原:そうですね・・・。でもネットの評判を見るとかなり悪く書かれています。就職する際に調べなかった自分が悪いんですけど。

とにかく肉体的にも精神的にも限界で3年で辞めました。周りの人たちは1年以内にやめていってしまいました・・・。

 

施工管理のブラック企業に就職しないためのアドバイス

–施工管理の会社に就職しようとしている人たちにアドバイスはありますか?

 

小原:施工管理はやめときなさい(笑) っていうのは冗談です(笑)

私は運が悪かったです。入った会社がブラック企業だったので、施工管理のお仕事が嫌になってしまったんです。

もしホワイト企業だったら、施工管理のお仕事が好きになっていただろうし、辞めることもなかった。

そう考えると悔しいです。

アドバイスとしてはネットの口コミを見ること。あとは中小企業でいい企業っていっぱいあります。

大企業がすべてじゃない。学校も会社も校風や社風があります。

合う合わないって人それぞれありますからね。

 

–なるほど。給料やネームバリューじゃなく自分にあった企業を見つけることが大切なんですね。今後の展望は?

 

小原:今後は人を育てたいという思いがあり、高校の教師になろうと考えています。

今は教員免許を取るために、大学に通っています。

 

–頑張ってください!応援しています。

 

小原:ありがとうございます!

 


 

 

小原さんのお話いかがでしたか?ブラック企業に勤めてしまったようで、運がなかったですね・・・。

建設業界はブラックなところがあるのは事実。

ネームバリューや給料に釣られても、こんなはずじゃなかったなんてことはよく聞く話です。

 

弊社ビルドアークスはきちんと労働基準を順守しています。

 

 

 

施工管理者として弊社に転職したいという方はぜひお待ちしております。

弊社では未経験者も大歓迎です。

 

募集していますので、下記のボタンから応募してください。

 

 

 


 

 

ブログ内おすすめ記事はこちら

 

施工管理の仕事内容・業務内容を教えます! | 施工管理者の転職・派遣のビルドアークス

 

施工管理のホワイトな企業ってどこ? | 施工管理者の転職・派遣のビルドアークス

 

未経験から施工管理をするには? | 施工管理者の転職・派遣のビルドアークス

 

施工管理のやりがいとは? | 施工管理者の転職・派遣のビルドアークス

 

施工管理は本当に激務できつい?実はそんなことはなかった! 真相にせまります。 | 施工管理者の転職・派遣のビルドアークス

 

施工管理とは? 仕事内容は? | 施工管理者の転職・派遣のビルドアークス