未経験から施工管理をするには? | 施工管理者の転職・派遣のビルドアークス

2018/10/10

未経験から施工管理をするには? | 施工管理者の転職・派遣のビルドアークス

 

 

%e5%bb%ba%e8%a8%ad%e7%8f%be%e5%a0%b4%ef%bc%92


施工管理の仕事内容ってなに?

施工管理のお仕事は現在景気がとてもよいです。
住宅、複合ビル、商業施設の建設、道路・河川などのインフラの整備やリニア中央新幹線など
建設ラッシュが相次いでいる状況です。

 

ほとんどの企業が「施工管理」を行う人物を求めています。

施工管理者は構造物の完成までの一連の流れを指揮・監視・管理します。

 

現場の責任者ですので、様々な職人さんや協力会社と緊密なやり取りをして

「安全が徹底されているのか?」「予算がオーバーしないか?」「工程や品質がきちんとされているか?」「進捗具合は?」など

細かにチェックをして、工事が計画通りに進むように、現場を指揮します。

 

現場での業務を主です。同時に施工計画や施工図面の作成。協力会社や資材を手配。工事をする際の行政への許可申請なども行います。

施工管理はいろいろな種類があります。

ビルやマンション、住宅は「建築施工管理」に分類されます。

 

道路、河川、港湾、鉄道、上下水道は「土木施工管理」に分類されます。

公園や緑地は「造園施工管理」。電気設備や給排水設備の施工管理もあり、専門性の高いものなのでこのように分けられているのです。

 

大規模な商業施設やオフィスビルを建設するときに、土木、建築、電気、造園、給排水設備といった各分野のエキスパートが
施工管理担当者となり、工事を監督します。

未経験者の場合は先輩社員が同行して、いろいろと教える形になります。

 

業界用語や現場の流れ、資材・工法・設備の知識、職人との会話の仕方、指示のやり方を学ぶのです。

未経験者でも成長できる環境が多いです。

 


 

施工管理のやりがいとは?

自分が携わった仕事が形となる。達成感を味わうことができる。後世に残るものを残すことができる。

こういったやりがいがあります。

 

施工管理の仕事は様々なトラブルが勃発することで、計画通りにいかないことがあります。
そういった障害を、職人や協力会社と一丸になり、乗り越え、最終的に建物を完成させるときの達成感はすばらしいものがあります。

また一戸建てやマンション、ビルを建てたときは、利用者の笑顔や幸せに貢献することができます。

 

商業施設を建設した際には、たくさんの人が利用するので、誇らしい気持ちでいっぱいになります。

そして国家プロジェクトの場合は、社会貢献ができます。

こういったところでやりがいを感じることができます。

 

 


 

施工管理に求められる能力・資質とは?向いてる人はどんな人?

 

①コツコツと努力をすることができる人

 

建物が完成するには、莫大な時間と労力がかかります。
とくに大きな工事になればなるほど、工期は十年単位となることも多々あります。
そしてそこに携わる人の数も多くなるのです。
ゆえに、毎日の業務を確実にコツコツと遂行できる人が向いています。

 

②コミュニケーション能力

 

施工管理の仕事では、職人や協力会社と連携することが必須です。
会社内外関係なく、年齢や立場が違う人たちと協力して業務を遂行します。
様々な人と調整を取りながら仕事をする人が向いています。
気難しい職人さんときちんと意思疎通をはかり、積極的に会話をすることにより
信用される施工管理者になることができます。

 

③リーダーシップやマネジメント力

 

施工管理は工程全体を俯瞰し、職人や協力会社と協力して、チームを主導しなければいけません。

今まで何かしらの仕事や部活動などでリーダーシップをとったことがある人がいれば使える武器です。

 

④臨機応変な対処

 

工事の進行状況にあわせて、日程調整を行ったり、上司に協力してもらいながら
トラブルに対し対処をしたりしなければいけません。
臨機応変な対応が求められることが多々あります。

どのように対応してよいのかは実際に現場を経験して学んでいくものです。

すべてのおいて、報告や相談を欠かさずに行い、トラブルが大きくなる前に対処をしていく心構えはとても大切です。

 

 


 

施工管理に必須の資格とは?

未経験からチャレンジをするときは、特に資格は必要ないです。
また建築系の大学に通っていなければいけねいなどもありません。

施工管理の国家資格には1級・2級建築施工管理技士、1級・2級土木施工管理技士などがあります。
どちらにも受験する際は実務経験が必要です。
未経験者を採用する際にはこの資格を所持しているかどうかを問われることはありません。

 

 


未経験者から施工管理へ転職するための方法とは?

必要とされるスキルは入社した後に経験し身につけることができます。
報告書や工程表、予算票などを作成するときにワードやエクセルができるといいでしょう。

またCAD(設計や製図をおこなうためのソフト)の基本的なスキルを身につけると
就職の際に有利です。

 


 

いかがでしょうか?

 

弊社ビルドアークスにも未経験で施工管理者となった方々がたくさんいます。

気になったらチャレンジするのもよいかもしれません。

 

お気軽に弊社にエントリーしてください。

弊社に転職したいという方はぜひお待ちしております。

弊社では未経験者も大歓迎です。

募集していますので、下記のボタンから応募してください。

 


 

ブログ内おすすめ記事はこちら

 

施工管理のやりがいとは? | 施工管理者の転職・派遣のビルドアークス

 

施工管理は本当に激務できつい?実はそんなことはなかった! 真相にせまります。 | 施工管理者の転職・派遣のビルドアークス

 

施工管理とは? 仕事内容は? | 施工管理者の転職・派遣のビルドアークス